智通の通信販売 >
智通(ちつう)の通信販売

更年期障害と便秘

40代くらいの女性から智通のご注文を頂くことが増えています。
智通は本来は乳酸菌を増やし腸内フローラの改善をするサプリメントですが、
腸がきれいになると全身にきれいな血液で栄養が運ばれます。
その結果、更年期の症状がやわらぎ、それが口コミで伝わっているようでした。

目次


更年期の時期と症状

40代の女性は仕事や家事、育児、介護などで忙しくなりますが、
そこに閉経による女性ホルモンの変化で体調を狂わせてしまいます。
心も体もバランスを崩しやすく、ゆらぎ世代とも言われています。

検査で異常がなく、原因がわからない体の不調を不定愁訴といいまが、
閉経の前後10年くらいの不定愁訴のことを更年期障害と言いいます。

・一般的には45歳〜55歳くらいです

平均的な閉経年齢は50歳くらいですから、一般的には45歳〜55歳が更年期といわれます。
最近は閉経前をプレ更年期はという呼び方をすることもあります。

自律神経失調や乱れで起こりやすいのが
冷え、のぼせ、ほてり、などです。
若いころから長年の間に蓄積した疲れが
ドッと出てくるのが肩こり、腰痛、などです。
その他、めまい、失禁などの症状に悩まされる方もいます。

・若い世代にも増えています

20代や30代ぐらいで症状があらわれる方が増えています。
ダイエットや不規則な食事などでホルモンバランスが乱れたり、
過度のストレスなどが原因でなる方が多いようです。

プチ更年期とも言われていますが、適切な対策をすることで治ります。
対策をとらずに月経不順が長くなると治りにくいので早めに対策をしましょう。

対策としては生活習慣の見直しから始めましょう。
バランスのよい食事、運動、ストレス解消など、簡単にできることから始めましょう。

若い方がサプリメントをお飲みになる場合は直接ホルモンに働きかけるよりも
腸を健康にして体に優しくて解決をするほうが良いと思います。

特に食事制限のダイエットをされる方は、
腸内環境が悪化しないように乳酸菌を増やしながらのダイエットがおすすめです。

女性ホルモンの減少が原因で・・・

女性ホルモンとは、妊娠や出産を円滑に行うためのホルモンで、
エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

女性ホルモンのバランスは、ストレス、睡眠不足、運動不足、過度なダイエット、
など様々な原因で簡単に崩れてしまいます。
そして、バランスの乱れは、美肌や美しい髪に悪影響をあたえたり、
生理痛などの体調不体調不良を引き起こしたりするのです。

女性ホルモンは脳だけではなく腸内環境や便秘などに大きく影響されているのです。
更年期の便秘エストロゲンは脳でコントロールされ卵巣で分泌されますが、
8歳頃から分泌され成長に伴って増えていき、
30代半ばにピークを迎え、
更年期には急激に減少していきます。

脳から卵巣にエストロゲンを要求しても、
分泌されないと脳は混乱し自律神経にも乱れが出るのです。

自律神経は、呼吸、代謝、血圧、発汗、消化など
生命活動の根幹をコントロールしているので、
それらが乱れると様々な問題が出てくるのです。

更年期障害は腸の状態とも相互に影響をしています。
セロトニンはエストロゲンの分泌と連動していますが、
そのほとんどが腸で生成されています。

また、腸は女性ホルモンを助けるビタミン類もつくっているので
腸内環境が悪化をすると症状も重くなるのです。

・睡眠の乱れ

やたらに眠たくなったり、眠れなかったりと睡眠も乱れがちです。
特に、熟睡できない夜が続くと精神的にも肉体的にも辛いものです。

眠れなくなる原因は、自律神経の乱れからくる場合と、
頭痛、冷えなどの更年期症状でおこる場合があります。

智通は腸内環境を整えるとともに、自律神経も整えますので不眠にも効果的です。
夜にぐっすり眠れると副交感神経が働き体も回復しますので、昼の眠気も落ち着いてきます。
睡眠の関係はセロトニンが増えれば夜はぐっすり熟睡!にも
詳しく掲載をしていますのでご覧ください。

・目まい

エストロゲン(女性ホルモン)の減少で脳の視床下部が混乱すると、
自律神経が乱れて血圧も不安定になり、めまいや立ちくらみが起こります。

健康なときには、目や耳、皮膚、筋肉などからの情報を脳で処理して
姿勢などのバランスを保っているわけですが、脳の処理がくるってしまうのです。

体がフワフワとした浮動性めまいになる方が多いようですが、
グルグルと回る回転性目まいになる方もいます。
目まいとともに出やすいのが耳鳴りです。
周囲が静かなときにキーンという音がしてくるのです。

時間をおくとおさまる場合も多いので、しばらくは静かにしていましょう。
歩行中にぶつかったり、倒れたりしてケガをするかたもいます。
車を運転される方は危険ですので特に気をつけてくださいね。

自律神経のバランスをとり症状を緩和しましょう。

・頭痛

この時期の頭痛として代表的なものには、緊張型頭痛と片頭痛があります。

<緊張型頭痛>
緊張型頭痛は頭全体が締めつけられるような感じです。
ストレスや首の緊張によっておきる場合が多いので、
このような頭痛をやわらげるには首と肩甲骨の運動をおすすめします。
肩甲骨の筋肉は多くの骨格とつながっていますので特に効果的です。
痛いところを冷やすのではなく、体を温めるようにしましょう。

<片頭痛>
頭の片側が脈を打つようにズキンズキンと痛みます。
暗くて静かな場所で安静にし痛みの感じる部分を冷やしてあげましょう。
アルコールやカフェインはひかえましょう。

<腸と頭痛>
意外なことに、腸と頭痛も関係があります。
腸内環境が良くなると幸せホルモンが頭痛をやわらげるのです。

・肌荒れ

活性酸素を抑えて肌を守る女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減ると
お肌の新陳代謝や保水力も衰え皮膚は乾燥がちになり、
お肌のバリア機能も低下して肌荒れが起きやすくなります。

肌荒れ対策としては保湿ケア、紫外線対策、睡眠をしっかり取ることなどですが、
便秘とも深い関係がありますので、腸内環境を整えることが効果的です。

腸内改善は化粧品と違い、すぐに効果が出るわけではありませんが、
お肌を体の内側から健康にしてくれます。
便秘は改善すると、はじめに血色が良くなり明るい感じになります。
その後1ケ月目くらいからお肌が内部から改善されているのが感じられ、
細胞が入れ替わる3ケ月目くらいには見違えるようなお肌が期待できます。

・イライラ

イライラしたり、ヒステリーぎみになったり、精神が落ち着きません。
この原因もまた女性ホルモンのエストロゲンの減少によるものなのです。

卵巣の機能が低下すると女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少します。
脳はエストロゲンがもっと欲しいと分泌を促すように指示をします。
しかし、いくら待っても必要な量のエストロゲンは送られてきません。
気持ちを穏やかにするエストロゲンの減少で、怒りっぽくらってしまうのです。

朝の太陽でセロトニンの分泌がでやすいといわれています。
早起きと散歩で1日のリズム作りましょう。
そして家庭や職場ではストレスを感じにくい環境をつくるようにしましょう。

・骨粗しょう症

女性の骨は30歳頃にピークを迎えます。
若い時には骨は新陳代謝を繰り返して成長をしていきます。
新しい骨をつくる細胞と古くなった骨を壊す細胞がバランスをとりながら成長をしていくのです。

女性ホルモンのエストロゲンの低下でカルシウムの吸収率が減って
骨量が減少をしはじめ骨粗しょう症になる場合があります。
骨をつくる骨芽細胞が減って骨がスカスカになっって骨粗しょう症になるのです。
骨が弱いために骨折しやすくなってしまうのです。
骨を強くするためにはカルシウム、ビタミンD、ビタミンKなどの栄養をとることと、
それを吸収するために腸を健康にしておくことも大切です。

反対に、控えたい食べ物としてはスナック菓子やインスタント食品のとりすぎ。
アルコール、タバコ、コーヒー、のとりすぎにも注意しましょう。

カルシウムの吸収を助けるビタミンDは太陽の紫外線を浴びて体内でもつくられます。
時々は散歩などでの適度な日光浴はあびるようにすると骨も強くなります。

40歳以降の女性を対象に骨密度検診を行う自治体が多くなっていますので、
保健センターのホームページに問い合わせするなどして確認しましょう。

・ホットフラッシュ

多くの方にあらわれる症状で、「のぼせ」や「ほてり」で大量の汗がでます。
特に理由がないのに急に頭が熱くなって、首筋、胸、背中、などから汗が出てきます。
頭に血がのぼったような状態となり、めまいを起こしてしまう事もあります。
又、上半身は暑いのに、下半身は冷えで足もとが冷たいという人もいます。

原因は女性ホルモンの低下による自律神経の乱れによって引き起こされます。
解決には、エストロゲンを増やしたり自律神経を整えることが大切なのです。
有酸素運動やストレス解消することも効果的です。

大量の汗をかくと臭いも気になります。
近所に買い物などで出かける時には保冷剤をハンカチに包んで携帯し、
ホットフラッシュのときに首回りに当てると効果的です。

・性欲の変化

ホルモンのバランスが崩れると性欲が衰え、
弱まった性欲がそのまま戻らない人も多いようです。
女性ホルモンであるエストロゲンが閉経後に一気に減少するためと思われます。

一方、性欲が強くなる人もいますが理由はよくわかっていません。
一説では、閉経にともない性欲を高める男性ホルモンやドーパミンが増えるためと言われています。

性欲の話は人には相談しにくいものです。
性欲が弱くなる方も強くなる方もいるということですので、お悩みの方はご安心ください。

更年期では膣の潤いが失われ乾燥した状態になり、しみたり、性交時に痛みを感じます。
特別な病気ではありませんので、あまり悩まないでください。

腸の乱れで排便トラブル

女性は、腹筋が弱いので弛緩性便秘になりやすいのですが
この時期には今までならなかった人も便秘になったり、下痢になったり、
便秘と下痢を繰り返したりと、お腹の調子が定まらないかたも増えてきます。
運動不足や食事不足は便を出にくくしますので気をつけましょう。

それから、女性に多いのが自宅以外のトイレで排便することを我慢してしまう方です。
また家事や育児、仕事で忙しいとトイレを我慢してしまうことがあります。
いつも排便を我慢していると直腸の反応が鈍くなって直腸性便秘になります。
朝は最も便意を感じやすくなる時間帯ですので朝の排便習慣をつけましょう。

便秘が続くと、肌荒れや吹き出物などがでてきます。
また、便秘が慢性化すると腸に溜まった便の重さで腸は垂れ下腹がぽっこり。
スタイルが崩れるだけでなく、子宮や卵巣を圧迫してしまうこともあります。

便秘、女性ホルモン、生理は互いに関係しています。
排卵後〜生理前までに多く分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)が
便秘に関係していると言われています。

更年期の便秘・便秘

女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少すると
自律神経が乱れ便秘が起こりやすくなるのです。

黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多くなると
大腸で水分や塩分の吸収が活発になるため
便も硬くなって便秘になりやすいのです。

この時期は様々な症状で薬に頼りがちになります。
そのことが原因で腸に負担がかかり便秘になる場合も多いのです。

便秘はホルモン製剤や処方薬に頼らないで自然に治したい!
そんな方には乳酸菌でやわらげる智通をおすすめします。

・下痢

一般的に女性には便秘の方が多く、下痢は少ないのですが、
ホルモンバランスの崩れで胃腸の働きが衰えるため、下痢になるかたも多いようです。
この時に朝からお腹が痛み長時間続いたり、冷えや微熱、倦怠感を伴うこともあります。

改善方法としては、
@体をしっかり温めるようにしましょう。
A下痢が続き体が弱っているときには、消化の良いものばかり食べがちです。
 そうすると食物繊維が不足し、下痢はなかなか改善されません。
 偏食などしないよう、食事のバランスを心がけましょう。

下痢は精神的なストレスが影響する場合も多いのですが、
智通は気持ちを落ち着かせる効果もありますので、その点でもおすすめです。

・便秘と下痢の繰り返し

便秘の時にむりに出そうとして下剤などをしようしたりすると
善玉菌も一緒に掻き出され腸内が荒れてしまいます。
そうすると下痢をおこしたりします。
下痢もまた悪玉菌と善玉菌の区別もなく出してしまいます。

そうして腸の中が荒れた状態で便秘に傾いたり下痢に傾いたりと
腸内環境のバランスを崩しつづけているのです。

腸内の乳酸菌を増やしてあげることで、ちょうど良い状態におさまります。
智通を飲み始めると、しだいに腸内環境が良い状態に変わっていきます。

・生理と便秘

生理の前は便秘になりやすい
生理前は妊娠にそなえて栄養や水分を体に蓄えようとするため、
排泄が弱まって便が出にくくなる方が多いのです。
この時期は水分を少し多めにとるようにしましょう。
水分は冷たいものより、常温や温かいほうが胃腸に優しいので、おすすめです。
コーヒー等のカフェインを含むものは、利尿作用で水分を出すので飲みすぎないようにしましょう。

生理中は便秘は改善されやすい
生理中は一般的にはプロゲステロン(黄体ホルモン)は減少し、
子宮の収縮をさせるためのプロスタグランジンというホルモンが分泌され、
胃や腸の収縮をにも良い影響を与えるため、便秘は改善されます。

普通は楽になるはずの生理中に便秘になったら、
その時は、ホルモンバランスの乱れや、生理時の出血での
血液不足から腸の活動が衰えていることなどが考えられます。

また、生理痛から食欲減退や偏食で便秘になる場合もあります。
ある程度の量を食べないと、腸の働きも衰えてしまいます。

この時期は、どうしても運動不足になりがちです。
軽い運動でも出も良いので、できるだけ体を動かすようにしましょう。
運動で腸を動かすことは改善に効果があります。

妊娠中の便秘
妊娠中の便秘は胎児の命に関わることもありますので注意しましょう。
妊娠中はお腹の赤ちゃんが、だんだんと大きくなってきます。
そこへ、便秘になると腸と子宮が互いに圧迫しあいます。

便秘は血液の巡りが悪くまり、血液も汚れてしまいます。
そのため、お腹の赤ちゃんに栄養素を十分に届けることができません。
母体と赤ちゃん悪影響の便秘は避けましょう。

赤ちゃん・子供・妊婦さんの便秘を参照してください。

生理中や妊娠中は、体を傷つけやすい下剤は避けましょう。
腸内環境を整え健康に排泄しましょう。

腸と脳から障害を改善

腸は免疫力やホルモンバランスに深く関係していますので、
障害の重さには腸が大きくかかわっています。

腸内環境が悪いと便秘になりやすく、免疫力の低下、血液の汚れにもつながります。
汚れた血液では全身に栄養や酸素を届けることができません。
智通で腸を健康にすることで免疫力を高め症状を軽減できるのです。

・セロトニンが症状を軽減

セロトニンは幸せホルモンといわれ、その多くは腸にあります。
セロトニンが腸から脳に送られると、副交感神経を活性化させて、
智通と自律神経自律神経のバランスを保ってくれます。
精神が安定し幸福感が得られます。

セロトニンが不足すると精神が不安定になって
キレたり、うつ状態の原因となるのです。

・セロトニンを増やすには?

実は、腸内環境を改善することによって
セロトニンを増やすことができるのです。
セロトニンの多くは腸にあるのですが、
腸内環境が悪化すると腸内で使われ、
脳に送られるセロトニンが減ってしまうのです。

智通で腸内環境が良くなると腸から脳に送られるセロトニンが増えて、
症状の軽減ができるのです。
腸が良くなると幸せを感じやすくなる秘密はセロトニンでした。

・悪玉コレステロール改善にも

更年期にはエストロゲンの減少によって代謝のバランスが乱れ、
悪玉コレステロール値が上がって内臓脂肪がつきやすくなりますが、
自覚症状が乏しいため、徐々に進行していきます。

悪玉コレステロールで血管が狭くなり動脈硬化が進行していくと、、
「脳卒中」「狭心症」や「心筋梗塞」などの重い病気のリスクを高めてしまいます。

コレステロールというと肝臓の問題と思いがちですが、
腸と肝臓は腸肝循環と言われるコレステロールの循環があり
悪玉コレステロールを減らすためには腸の働きも大切なのです。
便秘などで腸の具合が悪い方は智通で腸内改善から始めるのが良いと思います。

お客様からのメッセージ

4ケ月くらい前からでしょうか、気力が出なくなり何をやってもすぐに疲れて、
めまいもあり、ベットに横になる日が続いていました。
これは更年期症状なんだから自分が悪いのではないと言い聞かせながら
皆さんはどうしているのかと更年期・解決法などのキーワードで調べてみました。
いろいろあった中で、自分の腸内の乳酸菌を増やすということにひかれ
智通を飲んでみることにしました。
ちょっと肥満気味なのでカロリーがほとんどないということも安心でした。
使いはじめてすぐに便通が良くなったので、身も心も少し楽になってきました。
しばらく続けてみたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。

この他にも智通ヘのメッセージが寄せられています。


参考 男性も更年期障害があるって本当ですか?  便秘解消に智通