腸に智通 智通 > 赤ちゃん・子供・妊婦さん

赤ちゃん・子供・妊婦さん

● 赤ちゃんの便秘と智通

 赤ちゃんのうんち

母乳やミルクしか飲んでいない時期は水っぽいうんちです。
赤ちゃんが生後5〜6ヶ月になったら離乳食を始めますが、
そのころから泥状から形のしっかりとしたうんちに変わっていきます。

赤ちゃんの便の量や回数は個人差がありますが目安として書いてみました。

児期 便の形状 回数
・新生児期(0〜1か月) 水っぽい 2〜10回
・乳幼児期(1〜6か月) 泥状・軟便 2〜10回
・乳幼児期(6〜12か月) 形ができはじめる 2〜10回
・幼児期(1〜2歳) 形ができ固さもでてくる 1〜3回
・乳児期(2〜4歳) 形ができ固さもでてくる 1〜2回


 赤ちゃんの便秘対策

赤ちゃんは新陳代謝が活発ですので水分補給をこまめにしましょう。
授乳から離乳食への時に腸内環境が変わるため便秘になりがちです。
食事は健全な発育と便通のために食物繊維やバランスに心がけましょう。
お腹をさすったり赤ちゃん体操などで腸の蠕動運動を高め、うんちが出やすくなります。
おむつかぶれや便秘で、うんちをキライになることがありますので、おしりは清潔にし気持ちよくしてあげましょう。

智通の飲み方 赤ちゃんに智通を飲ませる時は

0〜2歳児までくらいは1日1〜2滴が目安です。
乳幼児は1日に1/3ml くらいで十分です。
※ケース側面の1目盛が1mlです

白湯に入れ薄めて飲ませてください。
お味噌汁やおかゆに入れても大丈夫です。
他の飲み物や食べ物と一緒でもかまいません。

● 子供の便秘と智通

 智通で免疫力をアップ

5〜6歳ぐらいになると外で遊ぶことも増えます。
その結果、インフルエンザ、風邪、感染症、などの問題も増えてきます。
智通で腸内環境をよくすると免疫力が向上し予防や症状軽減に役立ちます。

また、子供は学校などではウンチを我慢してしまうことがあります。
そうすると、だんだんと便意を感じなくなって便秘になることが多いんです。
食事、睡眠、朝の排便など規則正しい習慣をつけることがたいせつです。
子供が便秘で悩んでいるような時には智通を飲ませてあげましょう。

 智通は精神安定にも役立ちます

学校に行くようになると友人関係など精神的なストレスでの便秘や下痢もでてきます。
少子化の影響で兄弟や友達との交流が少なく些細なことでキレたりする子が増えています。

「腹の虫の居所が悪い」など昔からお腹と感情の相関関係が知られていました。
腸内の乳酸菌は「ドーパミン」や幸せホルモン「セロトニン」を増やしてくれますので、
智通を飲むことでヤル気を引き出したり精神的な落ち着きを得られるのです。

智通を飲ませてから子供の性格が穏やかになったと感じるの人がけっこう多いんですよ。

参考 脳の幸福感と智通

 子供に智通を飲ませる時は

お腹の調子を整えるため智通をご利用になる場合は次の目安でお飲みください。
1日の摂取量 2ml×(体重kg/50kg)

症状が重い場合はすこし多めにお飲みください。
お薬と違い飲みすぎても問題はありませんので安心してお飲みください。

妊婦さんの便秘にも智通

妊娠初期は、ホルモンバランスが変化するため便秘になりやすく、
たいだい半分くらいの妊婦さんが便秘になります。
妊娠後期は、子宮が大きくなって腸全体を圧迫するようになるため便秘になりやすくなります。
便の中には有害物質などが含まれているのですが、
便秘で長時間出さないままでいると体に吸収されてしまいます。

赤ちゃんのアレルギー体質は妊婦さんの腸内環境に影響されるといわれています。
特に便秘の時は下剤などの強いものは避け智通で善玉菌を増やして
腸内環境を良くしながら排泄するように心がけましょう。

授乳期の母親の健康は母乳にも影響しますので、特に気を付けましょう。
便秘解消で腸をきれいにしておくことは免疫力向上になります。

※妊娠、授乳期は乳酸菌生成エキス智通がおすすめです。
  智通1日2mlが目安で加減してください。(1本で5日分が目安)

参考 便秘と女性ホルモン


【参考】佐藤香代先生「第52回日本母性衛生学会総会」での発表から。
     佐藤香代先生:福岡県立大学 看護学部長

 妊婦さんと乳酸菌生成エキス

妊婦さんは、ホルモンの関係や、子宮が大きくなって腸のぜん動運動が
抑制されるため、便秘になりがちです。
冷えやだるさ、肌荒れなど妊娠期はさまざまな不快症状が現れますが、
これらも便秘が原因であることが多く、便秘はとくに深刻な悩みです。
乳酸菌生成エキス(智通)の飲用で好転するのではないかと思い調査を行いました。

18名の妊婦さん(うち6名は便秘がちの方)に「乳酸菌生成エキス」を
30日間飲んでもらい、28項目について調査を行いました。

結果は予想以上でした。便秘やガス臭の改善は予測していましたが、
妊婦さんがよく訴える冷えやだるさ、腹部のハリ、肩こりなどもよくなったと全員が実感。
肌の保湿性や弾力性、ニキビ・吹き出物についても全員が改善されたという結果が出ました。

「乳酸菌生成エキス」は妊娠中の不快症状を著しく改善し生活の質を向上させると期待できます。
妊婦さんに大事な腸の健康 腸は消化吸収はもちろん、免疫と関わっていたり、
酵素やビタミンをつくったりと、多くの働きをしています。

血液の浄化や化学物質の解毒なども腸の大きな役割なので、本当に大事な臓器です。
便秘などで腸内環境が乱れると、健康上のさまざまなトラブルや冷え、肌荒れなどが起こります。
「乳酸菌生成エキス・智通」の摂取により、腸内に善玉菌の代表である乳酸菌が増えると、
腸の中はきれいになり、健康的な状態に整えられます。