腸に智通 智通 > 猫や犬にも智通

猫や犬にも智通

猫にも乳酸菌生成エキス智通最近は食事や医学の進歩で長生きするペットが増えたため
生活習慣病や加齢性の病気も増えています。

猫や犬は狭い家の中で生活することが多く、
仲間もなく、吠えると叱られるなど、
日常さまざまなストレスをかかえており、
これらストレスが原因で体調を損ねがちです。

猫や犬は人間以上にストレスにさらされているのかもしれません。
生まれてすぐに母親から離されたペットは環境変化のストレスから
病気にかかりやすくなっています。

また、長生きした猫や犬も歳をとるごとに腸内環境が悪化します。
元気で長生きのためには、善玉菌を増やす乳酸菌生成エキス智通(ちつう)は
とてもお役にたちます。

犬や猫に食物繊維は注意!

もともと肉食性動物だった犬や猫などの動物に繊維質の多い野菜を食べさせると消化不良を起こしてしまいます。
犬や猫に無理に食物繊維をあげると腸に詰まり腸閉塞を起こすこともあります。
その点、智通は食物繊維がなくても腸の乳酸菌を増やしてくれますので安心です。

健康状態は便秘や下痢などペットのウンチに現れます。
調子が悪そうだなと思ったら、ご自分の飲んでいる智通をチョットだけ分けてあげましょう。

普段、自分で智通を飲んでいる方が、ペットの調子悪そうな時に飲ませたら
元気になったということを良く聞きます。
ペットも家族と同じように大切にしてあげましょう。

自分のペットの臭いは気が付きにくいもの

毎日一緒にいるペットの臭いには慣れて気が付きにくくなっています。
マンションやアパートなどの密閉した空間では悪臭がこもりがちです。

気付かないうちに他の方に迷惑をかけていたりします。
ペットの悪臭が飼い主のストレスになっている場合もおおいのです。

ペットも腸の具合が悪いと便がキツイ臭いになりがちですので。
日頃から少しずつ智通を飲ませ、健康だけでなく便秘、便臭にも気をつけてあげてください。

智通でペットの腸の具合が良くなると、臭いは少なくなります。

毛並にも影響します

人間でも腸の具合が肌荒れに現れやすいように、犬や猫も皮膚や毛並が荒れてきます。
ツヤが悪くなってきたなとか、毛の抜ける時期でもないのにおかしいなと思ったら
ウンチの量や色、臭いをよく観察してください。
ペットの腸の具合がわかるはずです。

親のいない子犬や子猫

ペーットショップで手に入れたり、もらってきた子犬や子猫は
環境の変化や親のいないストレスで体調をこわしやすくなっています。
特に腸は影響を受けやすいので気をつけましょう。

腸が悪い場合は、元気がなくなる場合もありますが、
逆に吠えたり、噛みついたり、気が粗くなる場合もあります。
実は腸内環境の悪化と脳のイライラは密接な関係があるんですよ。

参考 脳の幸福感と智通

智通(ちつう)の摂取量

基本的には体重に比例すると思ってください。
人間の成人で1日に智通2mlが標準です。

小型の犬や猫は1日に智通2〜3滴を水で薄めてお試しください。
あとは状況を見ながら加減してください。

犬や猫は本能的に酸味のある食べ物を腐っているものと捉えるため
智通の軽い酸味を嫌がる場合もあります。
その時は薄めて飲ませたり、食事に混ぜたりしてみましょう。