ラクティス便が臭い、オナラが臭い

トイレに入ったら前の人の厭な臭いが残っていた
ということがありませんでしたか?

そして、自分も臭い人だと思われているのではないか
と心配になったことはありませんか?

自宅なら消臭剤を使って解決も出来ますが、
訪問先などでトイレを借りる時など、とても気になるものですね。

そんな方にはラクティスをおすすめします。

便が臭い不健康な腸

便の臭いは、体調によって変化します。
健康で体が軽く感じるときは臭いも気にならないでしょう。

反対に体調が悪く疲れていたりストレスがある時は、
いやな臭いになっていませんか?

腸の働きが悪いと、食べた物が充分に消化吸収されないで
腸内が生ゴミ状態になり、その結果、
悪臭の便やオナラとなって出てくるのです。

ラクティスを飲みますと、腸内の乳酸菌が増えるので、
便通がよくなり、悪臭もなくなります。

腸内環境はとても変わりやすいので、
できれば毎日欠かさずに飲んで
いつもきれいな腸にしていただきたいものです。

臭い原因の悪玉菌

不健康な腸では悪玉菌が大活躍です。
悪玉菌が増えると、タンパク質を分解してアンモニア、硫化水素、
などの腐敗、悪臭物質をつくります。

ニオイが気持ち悪いだけではなく、活性酸素が発生したり
免疫力を弱めたり、血液を汚したりして、体全体に悪影響を与え
病気の原因を作ってきます。 

臭いは消臭剤で解決と思っていると健康を損ねてしまいます。
くさい臭いは、「健康に注意してください」という危険信号と思ってください。

悪玉菌が多い時は食べたものが腐っている状態ですが、
善玉菌が増えると発酵したような状態になり、
匂いは薄く気にならない程度になります。

乳酸菌(善玉菌)を増やすのがラクティスの役目です。
悪臭に悩んでいる方に、おすすめ致します。

食べ物の影響

便の臭いは、食べ物による影響も大きいのです。

偏った肉食は臭くなりがち

肉類中心で動物性タンパク質を多く摂りすぎると、
便がくさくなる傾向にあります。

これに対し、芋や豆などの炭水化物や野菜を食べても
便はさほどくさくならないのです。

腸内環境で臭いは変わる

実は同じような食事をしていても臭いは個人差があります。
この原因は腸内環境が影響しています。

善玉菌が多い状態ではタンパク質から腐敗物質はあまりできませんが、
悪玉菌が多い時はタンパク質の分解が活発になり腐敗物質ができ臭くなります。

オナラの臭い

オナラの正体は食物が腸内細菌によって分解されるときに発生するガスです。
オナラは排泄物の腐敗ガスを体の外に出していることになりますので、
体のためには良い事なのです。

健康のためにはオナラはうまく出すことが必要で、
腐敗ガスをだせないと苦しいばかりではなく
体に悪影響を与えてしまいます。

健康な人の便やオナラは、あまり悪臭がありません。

腸の善玉菌を増やし悪玉菌を減らしましょう。
オーソドックスな方法ですが、これができれば便が臭い、
オナラが臭いとなやむことはありません。

そのためには、バランスの良い食事、適度の運動をこころがけてください。

ストレスでもオナラは臭くなる

ストレスは腸内環境に悪影響を与えるといわれています。

九州大学の須藤教授などの研究でストレスの時には
カテコラミンというものが悪玉菌の大腸菌を増やし、
その結果、腸内環境が悪くなるそうです。

現代ではストレスと無縁に暮らしていくと容易ではありません。
そんな時には、まず腸の具合を良くすることからはじめてみましょう。

うつ病の薬にも含まれているセロトニンは腸で作られていますので
腸を良くすることはストレス軽減にも効果的なのです。

オナラが溜まりにくくする

オナラが溜まりにくくするための秘訣として姿勢を良くすることがあります。
姿勢が悪いと肺からのガス交換が悪くなるため、
血液中の二酸化炭素分圧が上がり、
腸内にガスが溜まりやすくなってしまいます。

それから、腸内のガスを溜めないためにはストレスを溜めないこと。
ストレスを溜めると胃腸の働きを悪くして、ガスが溜まりやすくなるからです。

マッサージ

腸内のガスを、排便時に大便と一緒に出してしまうことも大切です。
そのためのコツは、排便の時、左下腹部あたりを腸を揉むように
マッサージするのがおすすめです。

排便時以外にもマッサージはオナラを出しやすくする効果があります。
マッサージする場所は下のほうは恥骨の上から、
上のほうは肋骨の下まで、お腹の柔らかな部分の端にそって
時計回りに行います。
食事が便となって大腸を通過していく通り道をゆっくり揉みほぐしましょう。

オナラが臭い理由

オナラがくさくなるのも、基本的には便がくさくなるのと同じです。
悪臭の原因は肉や卵などのタンパク質が細菌で分解され、アンモニア、
硫化水素、インドール、スカトール、揮発性アミン等の悪臭ガスが発生するためです。

日本人のオナラ

日本人はオナラで悩んでいる人が多いと言われています。
開放的な欧米人にたいし内気な人が多いためでしょうか?
理由はそれだけではないのです。

実は日本人の腸は欧米人に対し、かなり長いのです。
昔からイモ類・山菜・きのこ・など食物繊維が多いものを食べていたので、
消化のため長い腸が必要だったのです。

欧米人は食物繊維が少ない動物性の肉や乳製品などを食べていたので
腸は短かくてよかったのです。

腸が長い日本人が動物性の肉類を多く食べると、腸を通過する時間が長いため肉は腐敗しやすく、ガスの臭いは臭い悪臭になるのです。

肉をたべたいのなら、同時に食物繊維や乳酸菌発酵などの食品も
同時にとるようにしましょう。
健康と、くさくないオナラのために。

便が臭い、オナラが臭い方の解消法

臭いのキツイ食べ物を避ける

臭いの元になるものを食べ過ぎないようにしましょう。
動物性タンパク質である肉、硫黄化合物が多い
ニラ、ニンニク、ネギなどを食べ過ぎるとオナラはくさくなりやすいのです。

よく噛んで食べる

あまり噛まずに飲み込むように早食いをしていますと余計な空気を
肺ではなく胃に飲み込んでしまい、オナラが出やすくなるといわれています。
よく噛むことで食べ物と唾液をしっかり混ぜ、中の空気を抜いてから飲み込むと
オナラを減らすことができます。

炭酸飲料をひかえる

夏場の暑い時など、よく冷えたビールや炭酸飲料をガブ飲みしていませんか?
炭酸飲料を飲むとオナラやゲップが出やすくなるといわれていますので
オナラが出やすくい方はひかえめにしましょう。

過敏性腸症候群過敏性腸症候群

緊張したり不安になったときにオナラがでて困るという場合は、
過敏性腸症候群過敏性腸症候群かもしれません。

自律神経の異常や、過度なストレス、精神的な不安などが
原因になっている場合が多いようです。
この場合は治療を優先しましょう。

歯列接触癖

上下の歯がいつも触れあっている癖のことを歯列接触癖といいますが、
この癖がある人はオナラが増えると言われています。
唾液の分泌が促進され、飲み込む回数が多くなり、
空気も同時に飲み込むのでオナラの回数を増やしてしまうのです。
歯列接触癖は頭痛や肩こり、腰痛などの原因にもなってしまいますので、
心当たりのある方は治すようにしましょう。

<NHKためしてガッテンから>歯列接触癖解消法
@ 「歯を離す」と書いたメモをよく目に付く場所やパソコンなど集中してしまう場所に貼る。
A メモを見たら、フーと「息を吐く」
「メモが目についたときだけ息を吐く」ということが大切で
「いつも歯を離そう」と頑張りすぎると、
逆にストレスになってしまい逆効果になるそうです。