ドロドロ血液は危険

血液がドロドロになると脳の血管がつまり
「脳梗塞」になったり動脈硬化を起こしやすくなります。
脳梗塞の予防では食事療法などでドロドロ血液を
サラサラ血液に変えて動脈硬化を防ぐことが大切になります。

動脈硬化の原因となるコレステロールや糖の
過剰摂取の避けることが必要です。
血液中でコレステロールが酸化して、ドロドロになってしまうのを防ぐ
抗酸化物質を摂取する事は有効な対策になります。

タバコ と アルコール 塩分は控えましょう。

喫煙は血管を収縮させ、動脈硬化を促進させるので控えましょう。
アルコールも飲みすぎは動脈硬化を促進させるので控えましょう。
塩分の摂りすぎは血圧を上昇させるので、摂りすぎないように注意しましょう。

血液サラサラで老化防止

老化とは全身の細胞が減っていって、臓器の機能が低下していくことで、
加齢とともに起こる生理的な変化は「生物学的老化」、
生活習慣病をはじめ病気によって起こる老化は「病的老化」と呼ばれ、
どちらの老化も血液の量や質によって左右されています。

人を構成する60兆個を超す細胞は、血液が運ぶ栄養素、水、酸素を糧にしています。
加齢や動脈硬化などで血管が細くなったり、血液がドロドロの状態だったりでは、
必要なものを細胞に運べなくなるばかりか、
細胞でつくられる老廃物をきちんと取り去ることができなくなり、
細胞が老化してしまいます。

血液をサラサラにして血行をよくし、細胞に十分な栄養を送って
老廃物をきちんと回収できれば、老化を遅らせることができるのです。

 在庫処分セール
 脳梗塞になった栗本慎一郎教授が自ら開発

高齢者は寝る前にお水を飲むようにしましょう。

睡眠中に人間はコップ二杯程度の汗をかくと言われています。
若くて健康な方は特に問題はないのですが、
高齢の方や動脈硬化症の前段階にある人にとってこれは危険です。

汗によって体内の水分が不足すれば血液が固まり易くなり
脳梗塞などの危険性が増してしまうからです。
高齢の方や動脈硬化が心配な方は、寝る前に水をコップ1杯
飲んでおくといいでしょう。

生活習慣や食生活に注意をして予防に心がけましょう。


脳梗塞の予防法、検査方法、前兆