腸に智通 智通 >

腸内フローラと智通(ちつう)

腸内フローラと智通
mokuji 参考

● 腸内フローラとは

腸の中には、ビフィズス菌、乳酸菌などの善玉菌だけでなく
悪玉菌や日和見菌など500〜1,000種類もの腸内細菌がすみついています。

この菌のかたまりは腸内細菌叢といわれるものですが、
お花畑のように見えることから腸内フローラと呼ばれています。

腸内フローラの研究が進み血液や内臓だけでなく
脳や人格などにも影響していることがわかってきました。

人間の顔や体、性格などが異なるように、腸内の細菌の種類や腸内フローラも様々です。
同じ人の腸内フローラでも、生活習慣やストレスなどによって毎日変化しています。

・腸内フローラはバランスが大切です

理想的な腸内フローラは、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割といわれています。
意外なことに悪玉菌も入っていますね。

実は悪玉菌も役に立っているのです。
例えば悪玉菌の代表ともいえるウェルシュ菌は、
肉などのタンパク質を分解して栄養を吸収してくれます。
この時に体に悪い臭いガスも出してしまうわけです。

また、赤ちゃんが母乳を飲み始めた時に悪玉菌が初めて腸に入りますが、
体に何が良くて何が悪いのかを、この時に学習しているのです。
そして、体に害のあるものに対して免疫機能が出来るようになっているのです。

健康な時には腸内フローラは理想に近いバランスで維持されていますが、
腸内では、善玉菌と悪玉菌がいつも激しい生存競争を繰り広げています。
加齢や食事の偏りやストレスなどで、どうしても悪玉菌が優勢になりやすいのです。

これらは、住みやすい環境が違うため、一方が増えれば他方は抑えられるるのです。
善玉菌は乳酸・酪酸などの有機酸を作って腸内を酸性にし悪玉菌の増殖を抑制します。
智通は乳酸菌の働きを助けて腸内フローラのバランスを整えるサプリメントです。
高齢の方や、便秘などで腸の具合が悪い方は特におすすめいたします。

・腸内細菌のスゴイ働き

腸内細菌は私たちの健康を支えています。
 ・腸内細菌は病原体の侵入を防ぐために働いてくれます。
 ・食物繊維などを消化してくれます。
 ・多くのビタミン類も腸内細菌が作ってくれています。
 ・幸せ物質であるドーパミンやセロトニンを合成しています。
 ・腸内細菌と腸粘膜細胞とで免疫力のおよそ70%をつくっています。

日本人の腸内細菌の数ですが、戦後は戦前に比べて減少しています。
これは食生活の欧米化が原因で、野菜や食物繊維の摂取量が減ってきたからです。
その結果、腸内フローラのバランスも崩れてしまったのです。

・腸内フローラの悪化は病気を誘発します

腸内フローラの善玉菌が減って悪玉菌が増えると、
腸の不調で便秘や下痢などの症状がおきます。

腸の不調が続くと栄養が十分にとれなくなり、血液の汚れを招きます。
汚れた血液で毒素が体中に運ばれ、ガンや糖尿病、アレルギー、神経系疾患、など
体全体に大きな影響を及ぼしていくのです。
そのような病気にならないように智通で善玉菌を増やしましょう。

お肌と腸内フローラ

腸内フローラはお肌や美容にも影響をします。
肌荒れで多くの方が化粧品などで外部からのお手入れに励んでいますが、
腸内フローラが悪いと新しく作られるお肌の細胞がうまく育ちません。

細胞は3ケ月で入れ替わりますので、腸内フローラをきれいにしておくと
3ケ月後には、細胞レベルでお肌が綺麗になります。

智通を飲み始めて、早くから効果を認識しやすいのが便通ですが、
お肌は少しずつ良くなり、3ケ月後にはハッキリと違いが感じられると思います。

美肌とダイエットは、智通で美肌ダイエットにも詳しく掲載しています。

脳や精神にも影響

最近では、脳への影響やうつ病との関係までもがわかってきました。
腸内フローラが乱れるとドーパミンやセロトニンなどを脳に送れなくなります。

ドーパミンは、物事への関心、運動機能、学習機能、性機能に関係します。
セロトニンが不足すると、鬱やパニックをの症状が現れやすくなります。
智通で腸内環境が変わると精神的にも安定するのは、
幸せ物質といわれるセロトニンが脳に届けられるためなのです。

● 生活習慣も大切

理想的な腸内フローラは、善玉菌 2割、悪玉菌 1割、日和見菌 7割くらい
と言われています。
ところが、食生活の乱れやストレスなどで悪玉菌が増えてしまうことが多いのです。
そうすると、どっちつかずだった日和見菌も悪玉菌に加勢をして、
さらに腸内が悪化をしていきます。
腸内フローラを良い状態に戻すためには生活を見直すことが必要なのです。

・バランスの良い食事

腸内フローラをよい状態に保つ鍵は食事にあるとされています。
高脂肪・高糖質食は食べすぎに気をつけ、
野菜など食物繊維を多く含んだ
新鮮でバランスの良い食事を心がけましょう。

食物繊維はとり方を間違えると便秘の原因になったりします。
野菜をたべているのに便秘の方は
食物繊維で便秘悪化? をご覧ください。

ストレスは気のもちかたで変わります

次に心の問題も大切で、精神的に大きなストレスは
腸内フローラ悪化の原因となります。
悪い方、悪い方と考えすぎて健康まで損ねてしまう人も多いようです。

楽観的とは物事をうまくゆくものと考えて心配しないことです。
少々のことは「何とかなるさ」と深く考えないことですね。

仕事や人間関係など問題やトラブルは次から次へと出てきます。
プラス思考とは、問題が起こった時にも、解決の仕方で、
かえって有益になるかも知れないと考えることです。
成功者に多いパターンです。

● 智通は腸内フローラ改善のために開発されました

智通と正垣一義氏大谷光瑞氏(西本願寺22世門主)は、
健康で長生きできるようにと仏教教典の中にでてくる
醍醐を求め微生物の研究をしていました。

その大谷氏に師事した正垣一義氏が研究を重ね、
乳酸菌の発酵物から抽出したのが智通なのです。

その後、商品や生産工場の改良を加えながら現在に至っています。
詳しくは智通の歴史に掲載していますので参考にしてください。

・智通で直接善玉菌を増やしましょう

食事や生活環境を変えるということは、なかなか思うようにできません。
そのような時は、まずは智通を飲んで善玉菌を増やしましょう。
そうすると体や脳が活性化をし心身ともに良い循環に代わっていきます。

乳酸菌を含む食品で善玉菌を補充することも効果的ですが
智通はヨーグルトに比べて腸内の乳酸菌を増やす能力は、はるかに超えています。

また、ヨーグルトなどはカロリーが高いのでカロリー制限の方は注意が必要です。
智通は少量でカロリーもほとんどなく乳酸菌を増やせるので理想的なのです。